« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

今年もあとわずか

 早いもので、もう今日は大晦日。2006年も終わりですね。自分なりの(?)大掃除に目処をつけ、なんとか年越し体勢を迎えました。
 今年もいろいろな方面でいろいろな方にお世話になりました。どうもありがとうございました。このHP、ブログをご覧いただいている方にも本当に感謝です。
 来年は早々に個展というイベントを控えているので、年明けとともに気分的に慌しくなりそうですが、楽しみながら取り組んでいきたいと思います。引き続き、どうぞ宜しくお願いいたします。
 皆さん、良いお年をお迎えくださいね!

| | コメント (2)

2006年12月23日 (土)

クリスマスなのに・・・準備中!

Dvc00002_1  もう街もお店もテレビ番組もすっかりクリスマスの雰囲気ですね。みなさんのお宅もきっとクリスマスツリーやリースが飾られていたり、ケーキの予約にプレゼントのお買い物など、忙しい中にも楽しまれているのではないでしょうか。
 そして我が家はと言いますと・・・クリスマスの雰囲気がみじんも感じられません。週末から宅配便が何度かやってきました。その大方は額縁やマットが入っています。個展を一ヶ月後に控えた今、ちょうど絵を額装すべく準備をしているところなのです。そのうち販売用のポストカードも印刷屋からどっさりくることでしょう。というわけで、今大量の額縁とダンボールに囲まれている状態です。
 個展案内のDMも年末年始くらいに発送の目処がつき、徐々に近づいてきていることが実感できるようになりました。お会いする人や、メールなどで「楽しみにしてるよ~」とか「見に行きます!」というお言葉をいただくと、本当に励みになり、自分でも楽しみになってきます。
 まあたまにはこんなクリスマスがあってもいいのかもしれませんね。

| | コメント (4)

2006年12月16日 (土)

東京スケッチ講師会

Dvc00003_2  私たちのスケッチの師である永沢まこと先生のお宅にて、スケッチ講師会がありました。今回は東京で教室を開いている講師4名が集まって、クリスマス会を兼ねた講師作品発表&教室情報交換です。まずは皆でイタリアンのディナーを作って、ワインで乾杯!です。皆それぞれ考えてきたお料理はどれもほんとに美味しくて、大満足!
 すっかりおなかが満たされた私たちは、ようやく本題の作品発表をしました。普段なかなか講師同士の絵をじっくり見せ会う機会がないので、とても興味深く原画を見ることができました。それぞれの得意分野、スケッチの変遷など、お互い分析しあって、改めて絵と向き合うことができたように思えます。
 その後、永沢先生がストックされているスケッチのカード集を見ながら、さらに盛り上がります。先生が選んだそれぞれの人のベスト4の絵、これまでに描いてきた絵がずらり。講師自身の絵を見た後、その講師の教室の生徒さんたちの絵も見ていきます。生徒のみなさん!この写真のように、永沢先生はちゃーんといただいたカードをストックしてるんですよ!何気なく作って渡しているカードの重要性、分かっていただけましたか?
 カードを見ていると、それぞれの教室のカラーがあったり、個性的な絵が目をひいたり、あれこれ話題は尽きません。やはり他の教室の様子や人や絵の話を聞くと、参考になることがとても多く、講師同士でも刺激を受けて、教室運営にいい方向に反映していけるんじゃないかなと思います。こんな機会を与えてくださる永沢先生に感謝しつつ、帰路に着く私たちでした。

| | コメント (2)

2006年12月10日 (日)

教室納め!

 本日、今年のスケッチ教室の最終日を迎えました。この三ヶ月間の皆さんの作品を発表し合いました。いつもながらに改めて仕上がった作品を見ていると、それぞれの作品の個性・エネルギーを感じることができて、本当に面白いものです。生徒さん同士はもちろん、私自身もたくさんの刺激を得られる貴重な時間です。そしてまた次期もがんばろう~と思いを新たにするのでありました。
 その皆さんの力作をHPの「スケッチ教室」にて展示していますので、ぜひご覧下さい!
 (あ~っ、教室の様子、写真撮るの忘れてた!)

| | コメント (0)

2006年12月 2日 (土)

小江戸・佐原へ行く

Dvc00003  佐原という町を知っていますか?千葉県にあるのですが、成田から電車で30分ほどの、歴史を感じさせる町並みがあるところです。伊能忠敬ゆかりの地なので記念館があったり、橋から水が落ちる「ジャージャー橋」のたもとから船に乗って観光したりと、地味だけど、どこかほっとする町なのです。レトロ好きにはお薦めです。なんてったって重要伝統的建造物がたくさんあるのですから。
Dvc00001_3  おなかが空いた私たちは、名物の鰻を食べました。ここのお店のは鰻を蒸さずにいきなり炭火で焼くそうです。それが香ばしくて美味しいのです。出来上がるまでちょっと時間はかかるけれど、う~ん満腹。他にはそば屋もお薦めだとか。
 それから酒造やせんべい屋、和菓子屋に佃煮屋など、やはりどこか懐かしさを思い起こさせるお店がいっぱいあります。たまにはこんなゆったり散策もいいかもしれないですね。

| | コメント (4)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »