« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月16日 (火)

教室が終わりました

081214 このたび4日をもって木曜クラスが、14日には日曜クラスが最終日を迎えました。私が自由が丘教室を始めて4年9か月。長いようであっという間だったような気がします。この間、のべ何人の生徒さんとお会いしたかわかりませんが、どんどんクラスの雰囲気も良くなって、仲良く楽しく通えるオアシスのような場所でした。なので、最後の授業で簡単な挨拶をしたときに「ああ、終わっちゃうんだな~」としみじみ思いました。
 その後、各授業のあと、お別れ会をしていただいてしまいました。なんとクラスの卒業生の方まで来てくださり、うれしい再会でした。いろいろなお話をしましたが、来月に個展があるので、お別れというより「また来月会いましょう~!」みたいな感覚でした。
081204  そして素敵なお花、画材、額縁などプレゼントまでいただいてしまいました。どうもありがとうございました~。いただいたもの、大事に使わせていただきます。(ほんとに私を良く知ってくださっているナイスセレクトなお品ばかりでびっくり!)お花はスケッチしちゃいました♪
 私の教室は終わってしまいましたが、これからもみなさんきっと楽しく描き続けていってくださることと期待しています。またみなさんの作品も見せてくださいね。ほんとうにありがとうございました!!!

 

| | コメント (4)

2008年12月11日 (木)

生駒スケッチ展を見に行く

Dvc00002 大阪に引っ越してきたのになかなか出歩く機会がなかったのですが、先日TAMAちゃんのスケッチ展を見に奈良の生駒に行きました。大阪にいると京都も奈良も神戸も一時間くらいで行かれるのはすごいことです。でも、まったく地理感がないので、毎回ネットで下調べをして、なんとか生駒駅にたどり着きました。
 会場であるカフェカフアは駅から近く、とてもわかりやすい所にあります。戸を開けて入ると、TAMAちゃんご本人がいました!「久し振り~!」突然訪問してしまって驚かせてしまいました。なんだかお互いウルウル。というのも私は本当に関西で旦那以外の人と会話を普通にする機会がなく、TAMAちゃんに会えたことで嬉しさ爆発してしまったのです。
 平日にも関わらず、TAMAちゃんの絵を見に、会いに来る人でカフェはあっという間にいっぱいになってしまいました。ほっこり落ち着いたおしゃれな店内にTAMAちゃんのスケッチが展示されていました。地元生駒の風景が柔らかい線ときれいな色で描かれています。小さなものから大パノラマの作品まで、お子さんが小さいのに頑張ってるな~と感心しました。
Dvc00003 私はおなかがすいていたのでサンドイッチとミルクティーを注文しました。このサンドイッチが厚切り食パンに柔らかーいハーブ風味のポークソテーがレタスとお芋と一緒に挟まれていて、美味しい~!ほわほわミルクが入った紅茶と幸せな遅いランチをいただきました。お店の方も気さくでとっても良い方です。こんな素敵なカフェ、うちの近くにも欲しい~!(あ、そのあとにいただいた抹茶カフェラテもGOODでした。ぜひメニュー化を!)
 TAMAちゃんはお客さんの対応等でずっと忙しくしていましたが、ひと段落ついてからは閉店直前までふたりでおしゃべり三昧でした。お互いの状況や、絵の話、関西の話等々、ほんとうに楽しかった!私にとって関西出歩き第一歩になりました。これからもよろしくね~!
 
 

| | コメント (2)

2008年12月 6日 (土)

六本木のクリスマス

081130_3 教室最後の野外スケッチは六本木でした。ヒルズに集合し、各々スケッチポイントを探して散策します。この時季クリスマスも間近ということで、ヒルズのあちこちにツリーやオーナメントなどが飾られています。私自身家では全くイベント感のない生活をしているので、気分がわくわくしてきます。野外スケッチには私の後を引き継いでくださる高橋広先生も参加してくださいました!
 私は木曜クラスではヒルズ入口すぐのところにあるクモのような大きなオブジェを中心に描きました。周りにはちょうど企業宣伝のポインセチア、ツリーを形どったボックス、などでにぎやかになりました。日曜クラスでは1階にあるミルクバーのお店の前にあるウシの置物(実物大)がサンタの格好をしていたのがあまりに可愛かったので、そのあたりを中心に。
 両日ともお天気は良かったのですが、一日野外の都会にいると、太陽が高層ビルをぐるっとまわってしまうため、どこで描いていても日陰になってしまいます。なので、描いているうちに体が冷え切ってしまいます。私はミルクバーであつあつドリアのランチを頂いてなんとか乗り切りました!これからの季節、寒さ対策は何より大事ですね~。 

| | コメント (2)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »